研究トピックス

忙しい社会人のために平日夜間・土曜日に通える経済経営系大学院

menu
2018.5.8

修了生が日本マネジメント学会の山城賞を受賞しました

 

 修了生の柴田仁夫さんが2017年度の日本マネジメント学会 山城賞(本賞)を受賞されました。受賞対象となったのは『実践の場における経営理念の浸透』(創成社,2017年)です。柴田さんはお仕事の傍ら本研究科で学ばれ、2013年度に博士の学位を取得されました。現在は埼玉学園大学で准教授をなさっています。

柴田さんからのコメントです。
「この度の日本マネジメント学会 山城賞(本賞)の受賞にあたり,ご指導頂きました薄井和夫先生をはじめ,埼玉大学の先生方に心より感謝を申し上げます。 受賞対象となりました拙著は,博士論文をベースに加筆・修正を加えたものですが,CSRを実践する中小企業がどのように経営理念を浸透させているのか,そのメカニズムについて,現代の代表的な語用論である関連性理論と実践コミュニティの概念から解き明かそうと試みたものです。幸運なことに自身初の書籍で学会賞を頂くことができました。これを励みにより研究を積み重ねていきたいと思います。」


このページの一番上に戻る