研究トピックス

忙しい社会人のために平日夜間・土曜日に通える経済経営系大学院

menu
2017.10.25

修了生が環太平洋産業連関分析学会奨励賞を受賞しました

修了生の大西雄基さんが2017年度環太平洋産業連関分析学会奨励賞を受賞されました。受賞対象論文は「産業連関分析における労働者派遣サービス部門の取扱いに関する一考察」(『産業連関』Vol.22, No.3)です。大西さんは厚生労働省等に勤務の傍ら、本研究科で学ばれ、2014年度に博士の学位を取得されました。学会賞対象論文は学位論文「産業連関表を用いた雇用分析」のベースとなったものです。

大西さんからのコメントです。

「このたびの環太平洋産業連関分析学会奨励賞の受賞にあたり、ご指導いただきました李潔先生をはじめ埼玉大学の先生方に心より感謝申し上げます。受賞対象となりました拙稿は、派遣元に計上されている派遣労働者とその所得をそれぞれ派遣先の雇用者とその所得として計上することにより、直接雇用の労働者から派遣労働者への雇用形態の変化による影響を除いた労働生産性の測定を可能としたものです。 今回の受賞を励みに、より一層精進して参ります。」

このページの一番上に戻る