埼玉大学経済学部
English
日本語

経済学部について

パリ第7大学とのダブルディグリー・プログラムについて

パリ第7大学とのダブルディグリー・プログラムについて

埼玉大学経済学部は、パリ第7大学 (Université Paris Diderot) とダブルディグリー・プログラムの協定を締結しています。

パンフレット

このプログラムの履修者は、4年から5年間程度の期間,埼玉大学とパリ第7大学で学び、修了者には,埼玉大学から経済学士号、パリ第7大学から応用言語学士号の学位がそれぞれ授与されます。 履修者は、埼玉大学では経済学部国際ビジネスと社会発展メジャーに、パリ第7大学では応用言語学部アジア研究コースに所属します。 両大学にて、日本を含むアジア地域の経済と欧米やアジア地域の経済・社会や文化を学ぶことができます。

1. 本プログラムの定員は、1学年5名とします。
2. 入学試験「国際プログラム枠」で入学した学生またはその他の入学試験枠で入学した学生の志願者から選抜します。
3. 選抜は,志望書と面接によって行います。
4. プログラムに履修登録後、学修の継続が困難になった場合、面接など所定の手続きを経て、プログラム登録を取り消すことができます。プログラム離脱者には,どちらかの大学の学位認定条件を満たしていれば、その大学の学位が授与されます。
▲ 経済学部トップへ戻る