埼玉大学経済学部
English
日本語
メジャー

法と公共政策

「法と公共政策」メジャーでは、
①法に特徴的な基礎的・理論的思考力、
②リーガルマインド、
③法と公共政策が一体であることへの理解力、
④各種社会的問題へ対処
するための法的素養に裏打ちされた公共政策の立案、形成、発案能力を、専門基礎学力として身につけることができます。

このメジャーに所属することで、みなさんは、たとえば、「日本国憲法の改正問題をどのように考えるべきか」、 「個人や企業の財産、商取引や契約などで直面する法律上の問題にどのように対処すべきか」、「会社を設立・運営するための法的な知識は何か」、 「民間部門だけでは処理・解決・準備できない公共的な問題領域とはどのようなものか」、 「公共問題の解決のために、国が財政支出をしなければならないのはなぜか」などといった問題に取り組むことになります。

このメジャーは、公務員として公的な企画立案に参画することや、企業の法務部などでの活躍を志向しているみなさんに好適なメジャーです。 また、一般企業に就職する際も、リーガルマインドや法的な思考方法は有効です。

 

法律を使って最善の策を考える

 「法律の研究って、どのようなことをするのですか?」と聞かれることがあります。 このような疑問が生じるのは、法律には「暗記」というイメージがあるからだと思います。 たしかに、法律さえ知っていれば解決できる問題もないわけではありません。しかし、現代社会で生じている多くの問題に対して、 法律は解決のための指針を示してくれるものの、直接的な答えを教えてはくれません。 法律自体は変えずにこれまでの解釈を変えることで解決するのか、あるいは、法律を改正したり、 新しい法律をつくることによってでしか解決できないのかといったことを自分で考えていくことが求められます。

私の研究対象は経済法です。とりわけ独占禁止法の適切な適用・執行のあり方について研究しています。 その際、独占禁止法の暗記によって妥当な解決策にたどりつくことはありません。 産業構造や取引形態の多様化・複雑化・国際化などを踏まえて、いかにして競争を維持・促進し、消費者の利益を保護し、経済の民主的な発展を促すかということを考えていきます。

みなさんの埼玉大学経済学部での生活が、自身で解決策を考えることができる能力を身につける期間になればと願っています。

経済法 田平 恵 准教授

■必修科目
憲法/民法総則/政治学/行政学/Introduction to Public Policy
■選択必修科目
物権法/債権法/商法総則・商行為/会社法/民事訴訟法/刑法/労働法/有価証券法/経済法/行政法/政治史/財政学/地方財政論/地方自治論/社会保障論/Advanced Theory of Public Policies
▲ 経済学部トップへ戻る